読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sky CleAr

釣り、腕時計、天体観測、ドローン空撮など、ゆる~く書き綴っていきます。

火星をもう一度見てみる

ちょっと遅れましたが昨夜のこともまとめて。

火星が最接近した日は大阪は生憎の天気でその日はスルーしたものの、翌日郊外まで天体望遠鏡を持って出かけました。

f:id:kam0121:20160603015500j:plain

例の半透明の容器に入れた懐中電灯が便利なのですが、これが強い光源となってカメラで撮影すると他の部分が暗く潰れてしまっていますね。

天気の方は…ちょっと雲が多くてじっくり観望することが出来ず。

まあここ数週間は火星の見た目はそんなに変わらないとのことなので。

ちなみに、アイピースの持ち運びは、PLANOと呼ばれる米国の会社の作っている実銃用の保護ケースを使用しました。

f:id:kam0121:20160603015607j:plain

 

で、本日ですが、昨日よりもかなり天気がいい、それこそ関西ATISでsky clear、視程50kmということで、もう一度火星を見てみることにしました。

f:id:kam0121:20160603020321j:plain

けっこう頑張って撮っています。

あと土星も。

f:id:kam0121:20160603020335j:plain

今回はデジイチの覗きこみ撮影。本当はタブレットのカメラで撮っていたのですが、どうしても上手く撮れずにデジイチに切り替え、何とかここまで鮮明に撮れました。

自宅の庭、郊外の暗いところではありませんが、非常にコンディションが良く奇麗に見えました。

 

あ、そういえば、天体観測に便利なグッズ↓

f:id:kam0121:20160603020542j:plain

ピンオンリールと小型LEDライトの組み合わせ。ライトをいちいちポケットや所定の場所に戻す必要がないのは非常に便利です。