読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sky CleAr

釣り、腕時計、天体観測、ドローン空撮など、ゆる~く書き綴っていきます。

キャンデゥ100円腕時計、電池摘出と考察

腕時計・懐中時計

昨日言っていたキャンデゥの腕時計ですが、電池を摘出。

f:id:kam0121:20170202104348j:plain

 

裏フタは専用の工具…いや、小さなマイナスドライバー…いや、(人間の)爪でカンタンに開けられます。前に物は試しにと、やってみていました。

f:id:kam0121:20170202104929j:plain

赤色矢印のところを押せばリューズが抜けました。後でザットハートな時計にする下準備を…(私のメインブログをご存じの方なら何を企んでいるか分かるかも)

電池はLR41。

 

少々気が引けるというか勿体ない気もしましたが、正常だった側のバンドも強く引っ張ってみたところ、結構簡単にもげてしまいました。やはりケースのバンドを固定している軸のところが割れてしまいます。経年劣化?いや、そんな年月経ってないし、直射日光にも当ててない…。

f:id:kam0121:20170202105116j:plain

もしかしたらアクリル素材?透明の衝撃でクラックが入ったり、パリンと割れるあの素材?

 

同じ透明ならというわけで、尾錠(ていうのかな?)も無理に力を加えてみました。こちらは割れる気配なし。グニャ~と曲がります。実はこの腕時計、この部分が最初にダメになって腕から脱落するのではと考えていたのですが、どうやらケースの方が脆いのかもしれません。死角だった…。

f:id:kam0121:20170202105610j:plain

 

100円とはいえ気に入っている時計です。またいくつかまとめて買ってこようと思います。

それにしても、ケースの耐久性か…。