Sky CleAr

日常について、気が向いたときに綴るそれだけのブログ

AEG SIG P320 (M17)届いたので外観レビュー

届きました、AEG GBB SIG P320。

f:id:kam0121:20190503132906j:image

f:id:kam0121:20190503132937j:image

f:id:kam0121:20190503133001j:image

f:id:kam0121:20190503133024j:image

f:id:kam0121:20190503133221j:image

f:id:kam0121:20190503133135j:image

f:id:kam0121:20190503133049j:image

f:id:kam0121:20190503140408j:image

刻印は一部を除いてなし。メタルスライド装備。その他外装から見える金属パーツは、テイクダウンレバー、マガジンキャッチ、トリガー、マニュアルセーフティー、スライドストップ(スチール)、フロント&リアサイト。要はフレーム以外全部金属かな?マズルはネジ切り、M14正ネジぽい。M14ではなくもっと小さなサイズのものです。アダプターの、外に飛び出した方のサイズのものと勘違いしていました。お詫びいたします。手持ちちのアダプターが付きました。

f:id:kam0121:20190503134750j:image

重量、本体のみ495グラム+マガジン320グラム、計815グラム。

ところで、トリガープルがかなり軽いです。自作の計測器(↓)

f:id:kam0121:20190503135951j:image

で図ると平均1.1kg。例えば同じ海外GBBストライカー方式であるVFC VP9だと、1.6kg。

 

分解。やり方は実銃と同じ。

f:id:kam0121:20190503140159j:image

f:id:kam0121:20190503140219j:image

インナーバレルが抜け落ちやすいこと意外、特にどうということはなし。

 

フレーム内部。マルイのグロックのようなハンマー方式。

f:id:kam0121:20190503140816j:image

この内部の金属部分、先頭のネジを外せばあとは実銃と同じやり方で一式ゴッソリ抜けるそうです。エアガンであの構造は再現出来ないだろうと見くびっていましたが、違ったんですね。

 

HOPはこのダイヤルで調整。f:id:kam0121:20190503141312j:image

最大HOPでのパッキンの様子。あまり出てこない…。

f:id:kam0121:20190503141212j:image

 

アサイト下のネジ2本。外せばおそらくドットサイト乗せられるかと。

f:id:kam0121:20190503143242j:image

 

マガジン。リップ部分は樹脂。20発入りますが、スライドが閉じた状態でマガジン入れるなら19発で抑えた方がいいかと。

f:id:kam0121:20190503141454j:image

f:id:kam0121:20190503141514j:image

f:id:kam0121:20190503141524j:image

 

分解図。説明書はなし。
f:id:kam0121:20190503141604j:image

現時点で実はガスがないのですが、ショップ注入(?)のガスで数発撃ってみると、なかなかヘビーなリコイルショックが来ます。

 

ベレッタ92Fと。
f:id:kam0121:20190503143010j:image

 

SureFire X300中華レプリカ装着。最もマズルに近い凹み部分使用。少々前後にガタつきます。
f:id:kam0121:20190503143436j:image

というわけで、外観のみですがレビューしてみました。